Bellezzaで使用している革について

 


 

『BULGARO/ブルガロ』

イタリアはサンタクローチェ地区にある

「Lo Stivale社」製。

植物タンニン鞣しで、バケッタ製法によりオイルがしっかり入った革なので、

使い込むほどに美しい深い色に変化し、

味わい深い艶が出てきますので経年変化(エイジング)が楽しめる革です。

特徴として、表面がスムースでキメが細かく、

比較的硬い革ですが程よい柔らかさがある革です。

その特徴からバッグの持ち手としても使用しています。

Bellezzaの商品では主に、眼鏡ケースやキーケース 、お財布で使用しています。

財布

 


 

『NEBRASKA/ネブラスカ』

イタリアはサンタクローチェ地区にある

「Lo Stivale社」製。

天然のシボが特徴の革です。

植物タンニン鞣しで、バケッタ製法によりオイルがしっかり入った革なので、

使い込むほどに美しい深い色に変化し、味わい深い艶が出てきますので経年変化(エイジング)が楽しめる革です。

たっぷりオイルが入っているので誤って付けてしまった多少の小傷(爪で引っ掻いてしまったような痕)は指で擦ると目立ちづらくなります。

Bellezzaの商品では主にバッグで使用する他、お財布でも使用しています。

バッグ

 


 

『MAINE/マイネ』

イタリアはサンタクローチェ地区にある

「TEMPESTI社」製。

銀面(革の表面)がマットで、どこか素朴な雰囲気が魅力の革です。

植物タンニン鞣しで、バケッタ製法によりオイルがしっかり入った革なので、

使い込むほどに美しい深い色に変化し、味わい深い艶が出てきますので経年変化(エイジング)が楽しめる革です。

他のイタリアンレザーに比べるとオイル感の少なさが特徴です。

オイルが少ないことで、マットで素朴な革本来の風合いや質感が楽しめます。

Bellezzaの商品では主に、バッグで使用しています。

バッグ

 


 

『TENDER/テンダー』

イタリアはサンタクローチェ地区にある

「Lo Stivale社」製。

キメが細かいスムースな表面に、繊維も詰まっているのでコシがあり、しっかりオイルが効いているので重厚でもっちりとした印象です。

植物タンニン鞣しで、バケッタ製法によりオイルがしっかり入った革なので、

使い込むほどに美しい深い色に変化し、味わい深い艶が出てきますので経年変化(エイジング)が楽しめる革です。

Bellezzaの商品では主に、バッグのショルダー部分や眼鏡ケースの鼻あて部分に使用しています。

バッグ

 


 

「天然皮革を使用しています」

*植物タンニン鞣し(ベジタブルタンニンレザー)を使用しています。(植物由来の薬品を使用)

*革の表面に防水加工や色止め加工等を施していない為、牛が生きていた頃の傷や首周りに良く見られるシワ(トラ)があります。

*ネブラスカのシボ(凹凸)は型押しではなく天然物なので部位によってムラがあります。

*季節や製造ロットによって色味や風合いの違いがあります。

*イタリアの職人が手作業で仕上げている為、色調整が難しくどうしても色ブレが起こってしまいます。

*写真はあくまでイメージです。モニター環境によって色味や風合いに違いがあります。

*色味や質感等のご確認をご希望の方は、小さくカットしたサンプルをお送りしますのでお申し付け下さい。

*牛が生きていた証が残っているのが特徴、自然の恵みである天然皮革をお楽しみください。

 

革

『生き傷』

トラ

『トラ』

シボムラ

『シボのムラ』


 

【作り手について】こちらをお読みください。

【オンラインストア】はこちらから。